FC2ブログ
 歯科の疾患である歯周病やむし歯は、多様な原因により進行していきます。どちらも細菌が関与していますが、すでに口の中に存在している細菌が何らかの原因で増殖し、歯や歯の周りにある歯周組織に影響していきます。その結果として、むし歯ができたり、歯肉に炎症が起こって歯周病が進行したりします。
 すでに口の中に存在する細菌が原因なので、歯磨きや歯肉の自浄作用によって細菌の増殖をコントロールできている状態であれば、歯周病やむし歯ができることはありません。しかし、磨き残しが積み重なるとむし歯や歯石ができてきます。むし歯や歯石の表面は、かなりざらついていて、その上を磨いても汚れを取りきれないようになります。そうなると、むし歯がさらに大きく拡大し、歯石は大きく、歯肉の奥の方まで拡大していきます。
 むし歯や歯周病は慢性的に進行することが多い疾患です。ほとんどが無症状に進行していきます。症状が出てきた場合はかなり進行している可能性があります。
 定期的に歯周病検査をして、むし歯がないかチェックしていくことで、早期に治療を行えば歯を保存できることにつながります。 
2014.02.26 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://miyazatoshika.blog.fc2.com/tb.php/37-bd47d7e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)