FC2ブログ
 歯科では特に定期検診が重要視されます。むし歯や歯周病を予防していくには、定期的なチェックとクリーニングが欠かせません。毎日の歯ブラシでの清掃が重要なのはもちろんですが、どうしても行き届かないところや歯石になってしまった場合には、歯科医院でのケアがひつようになってきます。定期的に受診することで歯を支える歯周組織をいい状態に保つことを目標にします。
 歯並びが悪い場所は特に注意が必要になってきます。きれいに並んでいないことで清掃性が悪く、歯石の沈着しやすかったり、むし歯になりやすかったりします。咬み合わせで上下の歯が強く咬みこんでいる場合は、歯の負担が大きく、歯にダメージがおきるか、歯周組織にダメージがおきることがあります。このような場合は早く歯が痛んでしまうことになります。
 一度むし歯になった歯も注意が必要になります。いろいろな要因でむし歯はできるのですが、一度修復した部分は、何か問題があってむし歯になったので修復しても再度問題が生じてくる可能性があります。例えば、磨き残しが原因でむし歯になったのなら、修復した後でもその歯はもともと磨くのができていなかった場所なので、再度磨き残してしまう可能性があります。そうなるとまたむし歯になることになります。
2014.02.22 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://miyazatoshika.blog.fc2.com/tb.php/36-d58a7a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)