FC2ブログ
歯科保存治療とは、歯を抜くことなく、いつまでも自分の歯で噛めるように治療を行い、大切な歯を口の中に維持、保存し機能させていくことを目的とした歯科の一分野です。
歯を失う主な原因としては、虫歯(専門的にはう蝕といいます)による歯の崩壊や、虫歯の放置により歯の神経(歯髄)が病気になって起こる歯の根の病気のほかに、歯と歯茎の隙間にプラークや歯石がたまり歯を支える骨が消失する歯周病があります。
歯科保存治療には、歯の崩壊による欠損部を補修する「保存修復」、歯の神経の病気を治療する「歯内療法」、歯を支える組織の病気を治療する「歯周療法」があります。これらの病気を治療し、学問的に研究する場合、それぞれを「保存修復学」、「歯内療法学」、「歯周病学」と呼びます。日本歯科保存学会は、歯を保存することを目的として治療を行う三分野が集まり、患者さんのための治療を実践し、保存治療の向上、発展のための研究を行う歯科医師、研究者の集合体ということができます。
これらの治療を行う歯科医師に対し、本学会が独自の試験を行い専門医として認定した歯科保存治療専門医が全国各地におります。この歯科保存治療専門医をお知りになりたい方は、ホームページの「お近くの専門医は」をご参照ください。
「保存学会ホームページより」

当院の歯科医師 宮里幸祐は歯科保存治療専門医です。
スポンサーサイト



2015.05.27 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top