FC2ブログ
 “保険の銀の詰め物を白いのにしたい”という患者さんが増えてきています。
 当院では、コンポジットレジン充填で対応しています。メリットとしては歯の削る量が少なくすむことと、歯との接着が期待できるため、むし歯になりにくくなる可能性があることが挙げられます。デメリットとしては、経年劣化する可能性があり、レジン自体の吸水性により、着色する可能性があることと、金属に比べ強度が劣ることが挙げられます。また、一回の診療時間が長くなるということも欠点のうちに挙げられます。
 咬み合わせが強い場合を除いて、ほとんどの症例に適応されると考えられています。ただ、変化する可能性があるということは経過観察が重要になってきます。
 かぶせている歯をコンポジットレジン充填にすることは困難です。大きな範囲を充填することで対応するには物理的に難しい可能性があり、長期にわたって安定した状態を保つことは難しいと考えます。
 小さな銀の詰め物をコンポジットレジン充填に変更することは可能です。
 
スポンサーサイト



2014.12.01 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top