FC2ブログ
 当院では定期検診、メインテナンスをおすすめしています。
治療後に変化がないかを確認することは大切で、問題があれば早期に治療開始できるからです。
症状がなければ問題がないのではなく、表面化していないだけという場合があります。
歯周病など慢性化した疾患では、自覚症状がでないことがあります。そのままにすると徐々に進行して重症化することがあります。定期検診でチェックすることで状態を把握し、その対応を考えることが重要です。
例えばメインテナンス期間を短くして悪化する前に対処する、また早めの処置を行うといった方法があります。
 また、前回との比較をして清掃状態に問題化がないかをチェックすることもむし歯や歯周病予防につながります。
スポンサーサイト



2013.10.25 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top