FC2ブログ
8月12日~8月15日は休みとさせていただきます。
よろしくお願いします。
8月16日からは通常通りの診療です。
スポンサーサイト



2013.07.31 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
自家歯牙移植について
当院では親知らずを他の部位に移植する自家歯牙移植を行っています。

 いろいろな原因で抜歯が必要と判断する場合には、抜歯後のことを考えなければなりません。
ブリッジや入れ歯、インプラントといった方法が考えられます。それぞれ利点、欠点があり、そのうえでどの治療法を選択するかになります。
 親知らずが残っている場合には、親知らずを抜歯した部位に移植するという“自家歯牙移植”という方法が可能な場合があります。
 ①悪くなった歯を抜歯
 ②数日後に親知らずを抜き、前回抜歯した部位に挿入して移植、固定
 ③安定(顎の骨と定着)すればかぶせを作製し装着する

まずは抜く予定の歯のサイズと親知らずの歯のサイズが合わないと移植できない、歯周病が高度に進行して顎の骨がほとんどのない場合にも定着が見込めない、親知らずの状態が悪すぎても移植できない、親知らずが完全に骨の中に埋まっている、ないしは斜めになっていて親知らずが抜きにくいといった場合にも移植はできません。

簡単にいうと抜かなければならない歯と親知らずの大きさが同じくらいで、親知らずが割と簡単に抜歯可能な場合に移植ができるといえます。
 長期的に機能できるようになるかはわかりませんが可能な場合は積極的に行っています。
2013.07.19 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top